車検切れの車でトラブル

車検切れで事故を起こした場合のトラブルはどう対処すればよいのか? - 車検切れの車で事故を起こしたときのリスクを知る

新着情報

▶2015/08/10
車検切れの車で事故を起こしたときのリスクを知るの情報を更新しました。
▶2015/08/03
車検切れの車を車検にだすために必要な仮ナンバーとは?の情報を更新しました。
▶2015/08/03
車検切れの車を車検に出す時に費用はどれくらいかかるの?の情報を更新しました。
▶2015/08/03
車検切れぎりぎりがお得車検の正しいタイミングは?の情報を更新しました。
▶2015/08/03
車検切れの車に乗って人生を棒に振らないためにの情報を更新しました。

車検切れの車で事故を起こしたときのリスクを知る

車検をするには、費用が掛かりますよね。何も整備するところがなくても、2年間に一回は、10万円程度の費用が必要になります。
お金がないから車検出来ずに、車検切れの車に乗っているという人も中にはいるかもしれませんね。
でも、車検切れの車を運転するという行為は、違法行為ですし、たとえ警察にばれなくても、車検切れの車で事故を起こしたときのリスクを考えるととても危険です。クリック車検では格安料金で車検切れ車検できますのでまずはお見積りからどうぞ。

■車検切れの車を運転して事故を起こした場合

車検切れの車を運転して事故を起こした場合、まず、車検切れの車を運転していたということで、罰則があります。
違反点数6点と30万円以下の罰金です。
多くの場合、自賠責保険も車検と一緒に有効期限が切れますから、それも併せると違反点数12点に免許停止90日間の罰則となります。
ghnfr
さらに、過失があってもなくても、車検切れの車に乗っていたということで、その事故に対する責任を問われる場合が多い上に、自動車保険が適応されないので、すべての費用を自費で払わなければならなくなります。
普通に事故を起こすよりもずっと大変なことになってしまうということですね。

■リスクを知れば、車検の重要性が分かる

車検切れの車に乗って、事故を起こしたときのリスクを知れば、車検をきちんと行うことの重要性が分かりますよね。
費用は掛かってしまいますが、車というものは、持っていれば維持費がかかるものです。
ガソリン代、税金に加えて車検の費用も維持費として考えて、きちんと払えるという自信がなければ車は所有できないと思った方が良さそうです。
車検は、自動車を持っている人ならだれもが行わなければならないことで、少なくても2年に一回は行う必要があります。費用も時間も必要なので、厄介に思っている人も多いでしょうが、車検切れの車は使えませんので、仕方ないことですよね。車検切れの車にもし乗ってしまったら、どんな罰則があるのでしょうか。

■車検切れの車は、持っているだけでは、罪にはならない。

車検切れの車は、乗らずに所有しているだけでは罪にはなりません。車検切れの車で、公道を走ることが違法となるのです。
tdytrだから、車検が切れてしまっても焦らず、車に乗らずにできる対処法を取ればよいのです。

■車検切れの車に乗った時の罰則

車検切れの来るまで公道を走ると、無車検車運行になり、違反点数6点、30万円以下の罰金になります。同時に自賠責保険も切れていた場合、さらに違反点数6点、50万円以下の罰金になるので、合わせると、違反点数12点となり、90日間免許停止となってしまいます。車検切れ車で、事故を起こした場合は、自動車保険も無効なので、保証も出ません。車検切れの車を運転することは、こんなにも危険な事だったんですね。

■気づかないうちに車検切れすることのないように注意!

車検切れだと知っていて、運転することは論外ですが、気づかないうちに車検が切れていて、普通に運転してしまっていた、という状況にならないためにも、車検の時期をしっかりと把握して、確実に車検が切れる前に車検に出せるように注意しましょう。

Copyright(C)2015 車検切れの車でトラブル All Rights Reserved.